683

新マップ実装初日の所見

by
Bassman2000
二等兵
二等兵
Bassman2000
新マップの考察をするにあたって、初動の動きについて観察してみた。上記の画像のように、初動は青い矢印と赤い矢印のように動く事になる。この際、中継地点は無視されることが多かった。
両チームのファーストコンタクトは黒丸付近が多くなる。これは黒丸部分の高台が射撃機体にとっては絶好の射撃ポイントであり、基本的には中継地点よりこの高台を取り合う形になる。
しかし、青丸に注目して欲しい。ここは黒丸付近に固まった敵や味方を一方的に観察できるポイントであり、射撃から逃れようと物陰に隠れようとしても、相当の移動距離が必要になる。そしてこの場所を優先的に取れるのは青チームであるということは念頭に置いておく必要があると考える。これを前提に赤チームがとる戦術は限られてくる。
ひとつは青丸に戦力を割き、射撃機体に仕事をさせないことである。
しかしこの戦術には問題がある。黒丸地点からの攻撃に対して無力であることだ。高さは黒丸地点の方が高いため仮に青丸を確保しても黒丸地点から撃ち込まれ不利になる可能性がある。加えて青丸は立地的に、1度確保されると攻め落とすことが難しい。港湾基地の射撃ポイントにも言えることだが、ジャンプでしか登れない上に視界が開けているため一機では対処がしづらい。かといって複数機で対処すると先述した問題が発生する。よって推奨できない戦術と言える。
もうひとつは徹底的に青丸地点から見える地点で戦闘しないという戦術である。つまり、初動での黒丸の取り合いには射撃機体での牽制程度に留め、E中継付近の建物を利用した近接戦闘を展開するというものだ。そもそも黒丸地点はその優位性にも関わらずマップの形状から赤チームからは手が出しづらい。であれば不毛になりがちな有利ポジションの取り合いには固執せず青チームとは違った戦い方をする必要があると考えた。

続いて選定する機体について考察する。
まずは汎用機だが、射撃戦に対応することは当マップにおいては必須であろう。また、マップの広さゆえに武装の射程や弾速も気になるところである。せっかく有利なポジションを取っても射撃が相手に届かなければ意味が無い。以上の事を考慮すると、陸戦faガンダムなどはその条件に合致する機体として挙げられるだろう。
また、先に解説した立ち回りにもあるように、チームによって立ち回りが変化する可能性がある。そのためほかのマップで活躍するような前衛汎用機体の需要もある。その配分については未だ考察が必要な部分であると考える。
強襲機にはステルス機体が最適だ。理由は移動ルートの特定がしづらい事にある。汎用機や支援機と相対した時に射撃型の強襲機で対応するのは難しい。一方的に撃ち下ろされれば強襲機ではひとたまりもない。建物も多いこのマップではステルス機体が戦いやすいだろう。
支援機はマドロックのようなホバーかつ中距離の期待は選ぶべきではない。有利ポジションの足場は小さいことも多く、ホバー機体では足元が心許無い。撃ち下ろして戦場を制圧することを考えれば、機体固定装置を持つ、射程が長い、武装が豊富などの条件が考えられる。ガンキャノンディテクターなどはこの条件に合致する。

以上が実装初日の「軍事基地」の考察である。コメントは公開設定としているので、意見があればどんどん挙げていって欲しい。ここまで読んでくれたプレイヤー諸君に感謝を述べる。良いバトオペライフを!
作成日時:2021/01/28 20:09
コメント( 3 )
taropinmk2
伍長2
伍長2
taropinmk2
1月28日 21時32分

拠点前の建物が案外スナイパーポイントですねE地点はオセロみたく重要かも

Commander0x
Bassman2000
Commander0x
Commander0x
1月28日 22時17分

隅を取った方が勝ちですか!

Bassman2000
Bassman2000
二等兵
二等兵
Bassman2000
1月29日 0時36分

>>taropinmk2さん
確かにE地点は取ったり取られたりの駆け引きが多そうですね!中継地点の屋根上も射撃ポイントになるので要注意かもしれません。

Commander0x
コメントするにはログインが必要です
シェア