142

【第1回】教えて!俺的ドヤ顔作戦

by
山田
二等兵
二等兵
山田
こちらでははじめまして。
さっそくですが、「教えて!俺的ドヤ顔作戦」について、自分なりの考え方を書いてみようかな、と思います。

強襲、汎用、支援の編成
強襲1、汎用4、支援1

強襲機
やはりストライカー・カスタムの爆発力は魅力的。次点で相手の注目をひきつけつつ支援機を狙うためにグフ・フライトタイプなんかもありかも?

汎用機
壁役として、ガンキャノン重装型タイプDがいると安定するかも。ただし、後方から支援機のように攻撃するともったいない感じに。
あとは、よろけをとった相手に対して格闘攻撃で大ダメージを与えるために、ガルバルディβなどがいるとうれしいかも?
その中間の機体として、ゲルググM指揮官機などもなかなか使いやすいかと。
残りの1機はガンダム4号機やジム・スナイパーⅡ[WD隊仕様]などの遠距離射撃が得意な機体や、ギャン・エーオースやゾゴックなどの近距離戦が得意なMS以外ならばなんでもいいかと。

支援機
やはり武装が豊富で自衛しやすいマドロックが使いやすいです。ただし、HPが低めなので無理は禁物。
あとはガンキャノン・ディテクターもなかなかにオススメ。火力こそ高くない代わりに、よろけをとれる武器が多いので、カットによる支援が楽しいです。

序盤の注意点
序盤の動きとしては、セオリーどおりにEとFの2カ所の中継地点を制圧して、にらみ合い。
このとき、AとBの中継地点を制圧すると回りこんでいることがバレてしまうので、なるべく控えたほうがいいかと。

支援機のポイント
このマップでの支援機が好きなので、自分なりの支援機での序盤の戦いかたを書いてみます。


Aチームは、個人的には最初に①のルートを通って、ビルの隙間から中継地点Fを狙いたいところ。ここで中継地点を制圧している相手を倒したり、中継地点A側に回りこもうとしている敵を見つけたり攻撃できるといい感じに。

序盤は味方が②のルートを通って中継地点F側に攻めあがりやすいので、③のルートからこちらに近づかれやすくなります。この攻撃から身を守るために、④のビルの上に逃げるか、味方と一緒に攻めあがって⑤のライン上で攻撃するのがポイントです。



Bチームの場合は、⑥のルートを通って、やはり相手の中継地点Eを制圧している敵を狙いたいです。最初にこの時点で相手の支援機などは視界に捉えられるので、次の行動への判断材料とします。

もちろんこの場にとどまると⑦を通ってまっすぐ狙い撃ちされやすいので、⑧のライン上に移動して、中継地点E方向と⑦を通って抜けてくる敵の両方を見ます。危なくなったら中継地点Dの方向に下がるのもありです。


その他
個人的には、汎用4、支援2も可能だとは思いますが、その場合は決して中央のビルを越えて攻めあがってはいけない、という意志の統一が必要かと思います。

この編成は相手の攻撃を受けるのには向いていますが、攻めあがるのは得意ではありません。その点さえしっかり守れれば、まあまあ戦えるかとは思います。
更新日時:2020/12/10 11:53
(作成日時:2020/12/05 16:30)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア