138

戦闘攻略:修理編

by
uc0079
伍長1
伍長1
uc0079
修理についてメモ書き

1.修理について
 シンプルルールではしゃがみ、シンプルルール以外ではMSから降りて歩兵の武装にあるリペアツールをMSに対して使用すると修理をすることができる。
 なお、歩兵のリペアツールを1回フルで使用して回復できる量は約4000となる。
 拠点の周囲で移動や攻撃をしないと修理が開始される。拠点の修理効果範囲はミデアであれば翼を含めた周囲となるが、できるだけ密着することをオススメする。
 これらの修理は、頭部や脚部のダメージも回復する。


2.修理のタイミング
 ・相手を全滅させたり手があいた時は修理。
  リスポーンする相手は当然無傷な状態のため、それを相手にするためには可能な限り修理をするほうがよい。
  修理する場所も自中継の近くで障害物等を利用し、できるだけ攻撃を受け辛い場所で修理をするとよい。
  また、自分のMSが損傷を受けていない場合は味方のMSを修理するとよい。

 ・パーツ破壊は修理で回復。
  頭部や脚部が破壊されると、頭部は与ダメージの減少、脚部は歩行困難な状態となる。
  特に脚部が壊れると安全地帯への移動も難しいので、その場合は一瞬修理して乗れるようになったら再度乗るといい。

 ・中継を占領しながら修理
  中継を占領する時は歩兵になっているので、中継の近くまでMSで乗り込んだ時は占領しながら修理して少しでも回復を図ることができる。
  また、MSを利用して相手歩兵の攻撃を邪魔することも可能となる。

 ・自拠点の活用
  自拠点の周囲で修理すると、拠点での修理効果と歩兵でのリペアツールで回復に掛かる時間を短縮できる。
  注意したいのは修理のために自拠点に戻ると、その移動時間や主戦場への復帰にかかる時間がネックとなる。
  戦場が離れている場合は、戦場から少し離れているところで修理するほうがよい。

 ・修理をやめるタイミング
  修理をする間は歩兵になっているため、歩兵のみを殺される場合がある。レーダーに注意し相手が近づいてきたら修理をやめてMSに乗った方がよい。

 注意
 ・修理中の味方の側をMSに乗った状態でうろつかない。相手の支援砲撃のターゲットとなり巻き込む可能性もあるため。
  何もすることがないのであれば、修理を手伝おう。

 ・修理のためにMSを降りるときはしゃがんでから
  ボタン長押しの緊急脱出で降りると、MSに再度乗れるようになるまでの時間が通常より掛かる。
  登場時の無敵時間を活用するためにも、修理で降りる時はしゃがんでから降りるようにしたほうがよい。

 ・拠点は破壊されると拠点周りでの回復効果を得られない。

以上
作成日時:2020/10/30 10:52
カテゴリ
攻略
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア